宮島かき
トップページ > 味と技 > もみじ饅頭・あなご・宮島かき・太閤の力餅
宮島の味

宮島で生まれ、慈しまれてきた匠の技。職人の思いや手づくりの温もりをお土産に。

もみじ饅頭

もみじ饅頭が誕生したのは約100年前の明治39年(1906年)。旅館岩惣のおかみが近くの高津常助菓子職人に依頼して作ったのが始まりだとも言われています。もみじの形をしたカステラ生地の中は、こし餡のほか、近頃ではチョコレート、カスタード、抹茶、チーズなど多彩な味が登場。宮島町内では焼きたてのアツアツが味わえます。

もみじ饅頭もみじ饅頭
あなご
宮島に臨む大野瀬戸で獲れるあなごは、風味もやわらかさも格別です。あなご飯は、炊きたてのご飯の上に、蒲焼きにしたあなごを敷き詰めたもの。脂がしっかり乗った地あなごの旨味を引き出したあなご飯は明治時代から駅弁としても親しまれ、宮島名物として全国に知られるようになりました。今でも宮島や近隣の食事処では、各店秘伝のタレを使ったあなご飯や丼が味を競っています。あなご寿司も美味で、地元の巻き寿司にもあなごはなくてはならない存在です。
あなごあなご
宮島かき

広島のかき養殖の歴史は約450年。宮島では約330年前に始まったといわれています。特に大野瀬戸で養殖されたかきは、香り、味、歯ごたえともに極上です。宮島の原始林から海に流れ出した栄養素がかきの餌となる植物プランクトンを育て、海流もかきの成育に適しているとか。磯の風味とミネラルをたっぷりと含み、口にした瞬間に特有の旨みがほわっと広がる宮島かき。土手鍋や焼がき、フライなどいろいろな料理で楽しめます。

はつかいちのお得な牡蠣情報が満載のサイト「牡蠣くるみ」
牡蠣くるみ

宮島かき宮島かき
太閤の力餅

豊臣秀吉が九州へ出陣の折、千部経の転読供養をするため天正15年(1587年)に、安国寺恵瓊に千畳閣の建築を命じました。千畳閣の建築は大変な労力を要する工事で、指揮をとっていた恵瓊は大工工事をする人たちにきな粉をまぶした餅を間食に与えたとか。美味しく、たいへん腹もちも良かったので、人々は「太閤の力餅」といって喜んで食べたそうです。宮島の名物になった力餅は、今でも大人気。島内の茶屋でご賞味いただけます。

太閤の力餅太閤の力餅
人と神々が共に生きる島 日本三景 Miyajima