平家納経(一部)
トップページ > 観光施設
楽しみ方いろいろ観光施設
宮島にはまだまだこんな施設もあるんです。もっと宮島を知りたい、 遊びたい─そんな好奇心のおもむくままに足を運んでみてください。
嚴島神社宝物館《登録有形文化財》

嚴島神社では平安時代末期に現在の規模の社殿が造営されて以来、奉納された数々の美術工芸品や史料等を所蔵。装飾経の白眉といわれる平家納経をはじめ、刀剣類、鎧兜、能・舞楽の装束や面、絵扇、絵馬、絵画等その数は約4500点にのぼり、うち130点余りが国宝・重要文化財に指定されています。その一部が展示されているのが昭和9年(1934年)に開館した宝物館。当時としては画期的な耐火性のある鉄筋コンクリ-トの建物で、表面には漆が塗られています。

展示内容を見る

●料金/300円(高校生200円、中・小学生100円)
●開館時間/8:00~17:00
●年中無休
●TEL(0829)44-2020
嚴島神社宝物館嚴島神社宝物館
平家納経平家納経
宮島歴史民俗資料館《登録有形文化財》

展示替えのため休館中の宮島歴史民俗資料館が、平成25年4月6日(土)リニューアルオープンしました。
嚴島神社や平清盛の魅力、そしてそれらを背景に独特の文化を育んできた宮島の歩みをわかりやすく伝える歴史館です。

●入館料/大人300円・高校生170円・小中学生150円
●開館時間/8:30~17:00 (最終入館16:30)
●休館日/月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)12月26日~31日
●TEL(0829)44-2019
>詳しくはコチラ→宮島歴史民俗資料館

展示内容を見る

宮島歴史民俗資料館宮島歴史民俗資料館
宮島水族館(みやじマリン)

「いやし」と「ふれあい」を基本理念に、海の生きものをより身近に感じられる参加・体験型の水族館として、平成23年8月1日にグランドオープンしました。宮島水族館のシンボルであるスナメリをはじめ瀬戸内海の生きものを中心に、350種13,000点以上を展示。海に浮かぶカキいかだを再現した「カキ水槽」、宮島水族館最大の「ゆったり水槽」、磯の生きものを間近に観察したり直接さわったりすることができる「ふれあいの磯」など見どころ満載です。

●料金/大人(高校生を含む。)1,400円、小・中学生700円、幼児400円、4歳未満は無料
 ※その他年間パスポート、団体割引(20名以上)など各種割引制度あり
●営業時間/9:00~17:00(最終入館は16:00まで)
●休館日/施設整備・点検のため臨時休館日あり
●TEL(0829)44-2010

>詳しくはコチラ→宮島水族館

宮島水族館宮島水族館
宮島伝統産業会館(愛称:みやじまん工房)

宮島桟橋の左正面にある宮島伝統産業会館は、宮島に古来から伝わる伝統と歴史を学びながら体験できる「体験型観光施設」として、平成20年4月19日(土)にリニューアルオープンしました。館内1階には、宮島彫の盆や茶道具、宮島土鈴、宮島張り子など宮島の伝統的工芸品の展示及び制作実演、2階にはもみじ饅頭手焼き体験室、3階には杓子づくり体験ができる木工体験室があります。

●料金/入館無料、杓子づくり体験料 324円(所要時間 約1時間)、もみじ饅頭手焼き体験料 756円(所要時間 約1時間)、宮島彫り体験料 1,620円(15cm)(所要時間 約1時間) 支払いは当日現金払いのみ
●体験対象者/原則5人以上の団体、1回最大40人まで(要予約)(宮島彫りは9名まで)
●開館時間/9:00~17:00(体験可能時間/9:30~16:30)
●休館/月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日(2015年)
●体験申込先/宮島伝統産業会館 TEL(0829)44-1758
 ・利用月の1年前から予約開始、利用日の1週間前で予約締切

>体験予約状況確認はコチラ→宮島細工協同組合

宮島伝統産業会館
宮島伝統産業会館宮島伝統産業会館
包ヶ浦自然公園

澄んだ空気と豊かな緑の中でスポーツやアウトドアレジャーを楽しめるシーサイドパーク。美しい白浜に面した園内には、自然林を生かしたキャンプ場や家族用・団体用のケビン、野球・ソフトボール・サッカーなどに利用できる運動広場、オールウェザーコート5面と練習コート2面を備えたテニスコート、バーベキューハウスなどを完備。また夏は海水浴、それ以外の季節は磯釣りも楽しめます。
※施設利用は予約制になっています(HPまたはお電話にてご予約を承っております)
(問)宮島包ヶ浦自然公園管理センター
 TEL(0829)44-2903 FAX(0829)44-0706

>詳しくはコチラ→包ヶ浦自然公園

包ヶ浦自然公園包ヶ浦自然公園
人と神々が共に生きる島 日本三景 Miyajima