五重塔
(写真:新谷孝一)
トップページ > 神社仏閣 > 五重塔・豊国神社・大願寺
厳島伽藍と呼ばれた優美で壮大な仏教建造物が、神仏習合の歴史を物語る。
五重塔(ごじゅうのとう)《重要文化財》

千畳閣の隣に建つ五重塔は、和様と唐様を巧みに調和させた建築様式で、桧皮葺の屋根と朱塗りの柱や垂木のコントラストが美しい塔です。高さは27.6m。応永14年(1407年)に建立されたものと伝えられています。内部は完全な唐様で、一般の見学はできませんが、内陣天井に龍、外陣天井には葡萄唐草、来迎壁の表には蓮池、裏には白衣観音像などが極彩色で描かれています。塔内にあった仏像は、明治元年の神仏分離令により、大願寺に遷されました。またこの五重塔が建つ塔の岡は、厳島合戦で陶軍が陣を構えたと伝えられています。

五重塔五重塔
豊国神社(とよくにじんじゃ)《重要文化財》

天正15年(1587年)、豊臣秀吉が毎月一度千部経を読誦するため政僧・安国寺恵瓊に建立を命じた大経堂です。島内では最も大きな建物で、畳857枚分の広さがあることから千畳閣と呼ばれてきました。秀吉の急死によって工事が中止されたため、御神座の上以外は天井が張られておらず、板壁もない未完成のままの状態で現在に至っています。江戸時代、既にここは交流の場・納涼の場として人々に親しまれていたようで、大きな柱には当時の歌舞伎役者一行の名や川柳などが記されています。明治の神仏分離令により仏像は大願寺に遷され、秀吉公を祀る豊国神社となりました。

・昇殿料/大人100円 高校生100円 小・中学生50円
・昇殿時間/8:30~16:00
・年中無休
豊国神社(千畳閣)豊国神社(千畳閣)
大願寺(だいがんじ)

正式な呼び名は、亀居山方光院大願寺。開基は不明ですが、建仁年間(1201年~1203年)の僧了海が再興したと伝えられる真言宗の古刹です。明治の神仏分離令までは嚴島神社の普請奉行として寺院の修理・造営を一手に担い、千畳閣、五重塔、多宝塔などから形成される厳島伽藍の中心をなしていました。
この寺の秘仏厳島弁財天は弘法大師空海の作と伝えられ、日本三弁財天の一つ。弁財天は現世利益の女神様で、神仏習合の時代は嚴島神社の主神・市杵島姫令が理財の女神として崇められるようになり、仏教の弁財天と同一視されていました。神仏分離令によって嚴島神社から遷されたこの厳島弁財天をはじめ、宮島に現存する仏像の中で最も古いとされる木造薬師如来像(重要文化財)、千畳閣の本尊だった木造釈迦如来坐像(重要文化財)、その両脇を守っていた阿難尊者像と迦葉尊者像(ともに重要文化財)、五重塔の本尊だった三尊像、多宝塔の本尊だった薬師如来像、護摩堂の本尊だった如意輪観世音菩薩などを収蔵しています。
また、本堂奥の書院は、第二次長州戦争の際、勝海舟と長州藩を代表する藩士らが講和会議をした場所として知られます。

 

[1] 鎌倉初期の作とみられ、宮島に現存する最古の仏像・薬師如来座像(重要文化財)。
[2] 行基作と伝えられる千畳閣の本尊だった釈迦如来座像(重要文化財)。
[3] 国の重要美術品に指定されている「瀟湘八景・尊海渡海日記」屏風。天文6年~8年(1537年~39年)、大内義隆の斡旋により、この寺の尊海上人が高麗版大蔵経を輸入するために朝鮮半島へ渡った際の記録で、かの地で求めた高麗の八曲屏風の裏に書きつけてあります。表の湘瀟八景の墨画も15世紀の朝鮮絵画の基準作例として貴重なもの。
[4] 明治初頭の神仏分離令で損失した護摩堂を平成18年(2006年)春、 約140年ぶりに再建。仏が宿るといわれる香木・白檀(びゃくだん)を使って制作された高さ約4mの巨大な不動明王像を祀っています。

・開門時間/8:30~17:00
・元旦/0:00~18:00頃
・年中無休
大願寺大願寺
[1]薬師如来座像[1]薬師如来座像
[2]釈迦如来座像[2]釈迦如来座像
[3]瀟湘八景・尊海渡海日記[3]瀟湘八景・尊海渡海日記
[4]不動明王像[4]不動明王像
人と神々が共に生きる島 日本三景 Miyajima